鯖味噌殺入予告

村へようこそ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

おいしいですよね カブトムシ 

買ってしまいました
グミックス

100313_1.jpg

ジャスコで2980円
通路側の棚に積まれてたけど
そんだけ売れてるのかしら?もしくは売れ残・・・

さてグミを作るにあたって
何段階もの工程を踏まねばなりません

①専用の容器にお湯(60℃程度)を入れて、ビーカーに液体を投入
 記念すべき1回目は、いきなり最高難度らしい「アメリカザリガニ」を選択
 使う液体は冷蔵庫に残ってたイチゴシロップと苺ジャム(赤ということで)
 後に、後者のジャムが大失敗を招くとはこの時点で予想だにしなかった・・・

②液体が温まったところで、ゼラチンを少しずつ入れてかき混ぜる
 いわゆる湯せん
 まとめて入れるとダマになるので少しずつ溶かすのが重要

100313_2.jpg

③ゼラチン液を型に流し込む
 勿論これが一番大変
 時間が経つとゼラチンがどんどん冷めて固まってくるので
 手早くそして的確に流し込めるかが勝負となる
 しかし・・・流し込むうちに気付き始めたが
 明らかに固まるのが早すぎるのである
 これは、最初からゲル状であるジャムを使ったのが原因
 しかもゼラチンはレシピ通りの量を投入した為
 より固くなるのは、今にしてみれば明白

④冷やした後、型からグミを外して各パーツを接着
 残ったグミ液を接着剤に使い、胴体や脚のパーツをくっつけるのだが
 まあ↓のような惨状に
100313_3.jpg
 グミが固すぎた為、細かい脚パーツの切り分けは断念
 ピンクなのは、気泡が入りすぎたのが原因
 初挑戦は手痛い失敗に終わる(味はうまかったけど)

子供向けと侮ってたが、これは思った以上の難易度・・・
気を取り直して、次は難度を下げて「カブトムシ」に挑戦

使う液体は、やはり冷蔵庫にあったミルクティー

上記と同じ工程を経て、完成したのがこちら

100313_4.jpg

角がほぼ折れてしまったものの、大分マシにはなった
グミ液は型からはみ出してもOKと書かれてたが
やはりはみ出した部分のバリが残ると見栄えが悪い
グミが固まるまでの時間との勝負に加え、作業の精密さも必要に・・・
少しずつ慣れるしかあるまい

あとこっちの味は、薄すぎてダメだった(ゼラチンの味しかしない)
砂糖を入れるか、シロップや原液等なるべく濃い味のものを選んだ方がいいようだ


型の種類はまだまだあるので、また挑戦します
[ 2010/03/14 23:59 ] 日記 | TB(0) | CM(2)
これが噂の昆虫生成菓子ですか
しかし…ザリガニきもいっすな…
[ 2010/03/17 15:47 ] [ 編集 ]
ザリガニ難しいだけあって作り甲斐もあると思うんよ
次は真赤で作ればリアルかつキモく・・・
[ 2010/03/18 02:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

まさ

Author:まさ
たぶん村人
いろいろやってます

FC2カウンター
お知らせ
ふたば★学園祭11」に参加します
新刊製作中
web拍手



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。