鯖味噌殺入予告

村へようこそ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

台湾旅行記・その7(九分) 

三日目続き

おそらく今回の旅最大の見所?
ノスタルジックな鉱山街「九分」(正確には九份)に到着

tw38.jpg
しかしこの天気である

tw39.jpg
メイン通りは食べ物屋にみやげ屋にカフェ等々が軒を連ね
いかにも観光地っぽい雰囲気なので
そこから外れた所を主に散策

tw40.jpg
「合法」民宿
わざわざ書くあたり怪しい香りがするがまあそうなんだろう

tw41.jpg
どっかで見たようなキャラクター風の遊具
ゲットライド!

tw42.jpg
昼過ぎの遅めに到着したのは、夕方からボンボリが灯り始め
より良い雰囲気になるのを狙っての事である

tw43.jpg
灯りが増え始めてきた
ここはなんか妖しいお面の店

tw44.jpg
(ビグロ注意)
なにコレ…
右端がほとんど蓮コラ

tw45.jpg
どんどん良い雰囲気に
しかし山合いの街な上に、雨が降りしきってめっさ寒い
ヒートテックがなければ即死(風邪)だった

tw46.jpg
階段が画になる街は良いですね
千と千尋の街のモデルになったというのも納得

この後だいぶ日も暮れてきた上、雨が本降りになったので撤収
帰りの台北行きバスはめちゃ混みの上にやたら揺れて本気で酔う
危ないところだった…

tw48.jpg
乗り物酔いで食欲がすぐれないので
この日の晩はあっさりした麺線をいただく

あと台北中心の地下街を散策
コンビニにゲーセンに食堂街と割と何でもある
地下街の臭豆腐の店は匂いが篭ることこの上なかった…

tw47.jpg
日本風のラーメン店を発見
なぜかカレーオムライスもメイン

ユースホステルに戻り、同室者(同じ大阪出身だった)と軽く会話を交わして
泥のように就寝
四日目につづく
スポンサーサイト
[ 2013/02/20 03:02 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

台湾旅行記・その6(永康街) 

11/26(月)三日目

tw32.jpg

天気はあいにくの雨

この日は、グルメの街という「永康街」へ向かう

tw33.jpg
平日昼間というのに大行列な
小籠包の有名店「鼎泰豊」
日本の修学旅行生っぽいのも歩いてたし、日本人客が大半だろうか
俺は前日夜に小籠包を食べてるので、スルーして別の店で昼メシ

tw34.jpg
「永康牛肉麺」に入る

tw35.jpg
牛スジが山ほど乗った牛肉麺をいただく
右のは芋とか排骨の入ったおこわ、これも美味

南国台湾といえども11月後半はすでに肌寒かったのだが
台湾に来たからには、ということで
かき氷の店「思慕昔(スムージー)」に入る
マンゴー・苺・キウイの乗ったかき氷を注文

tw36.jpg
(大きさ比較用に、右に3DS)

でけえ

小さめの丼ぐらいある
山盛りの果物の上には、更にパンナコッタが乗る
これで140元(400円強)だからマジ安い
横の女性グループ客に少々奇異の目で視られながらも何とか完食

tw37.jpg
永康街を後にし
次はバスに1時間揺られて観光地・九分をめざす
(つづく)
[ 2013/02/19 01:18 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

台湾旅行記・その5(中山周辺) 

二日目また続き

すっかり日も暮れたので、中山駅で降りて散策かつ晩メシ

tw28.jpg
高級そうなホテルの前にあったでかい謎オブジェ(1.5mほど)

まずは、頼まれてた中国茶を買うために「新純香」へ
日本語の堪能な店員さんに色々説明を受け、
色々試飲したりお茶うけの菓子を試食しながら
金萓茶・四季春・花茶等々色々買う
特に金萓茶は100g400元と中々の値段(日本のデパートだと3倍以上するらしい)

そして晩メシだが
やはり台湾といえば小籠包!って事で、名店「京鼎楼」へ
tw27.jpg
小籠包・エビチャーハン・台湾ビールで計500元ほど

tw29.jpg
中の肉汁がすごい!でも割とあっさりしてて美味い!

ほろ酔い気分で次に向かったのは
こちらも台湾名物、足ツボマッサージ
tw30.jpg
40分500元で足裏・ふくらはぎを揉みほぐします
足ツボの痛い部位によって、体のどの部位が悪いかを知ることができるのだが
俺の場合は、胃袋・腎臓・喉が悪いという
・胃袋(酒飲みすぎ?)
・腎臓(結石持ち)
・喉(カラオケ行きすぎ?)
だいたいあってた

中山から台北中央はひと駅なので、歩いてホテルに戻る
途中、自販機で見かけた恐ろしいジュース
tw31.jpg
台湾版ルートビア「黒松沙土」の加塩バージョンだという
毒飲料フリークの俺としては非常に興味をそそられたが
旅行中なので体調第一ってことで断念

(三日目につづく)
[ 2013/01/22 23:57 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

台湾旅行記・その4(北投温泉) 

二日目つづき

MRTで行ける温泉地「北投温泉」に向かう

tw19.jpg
温泉行き電車の独特な内装

tw20.jpg
別の車両

tw21.jpg
およそ40分で到着
時間はすでに16時前

tw22.jpg
駅前の街並み
台北のコンビニは、ファミマ(全家)とセブンイレブンがやたら多い
マクドナルドとスタバも至るところにある、あと吉野家も多かった

そして温泉街へ
すると、川の中にたくさんの人を発見
tw23.jpg
この川自体も温泉のようで、足湯感覚で浸かっているようだ
ただし「ホテル等の排水が流れてるから入るなよ!」って注意書きがあった
この人らが知ってるかは定かでないが…

tw24.jpg
上流の方にある源泉「地熱谷」

tw25.jpg
80度ぐらいの熱湯が煮えたぎっている

で肝心の温泉だけど
日本の銭湯風のたたずまいな公衆浴場「瀧乃湯」に入ってきた
写真は忘れたので、こことか参照で
かなり古い建物のようで、少々入りづらい雰囲気
中の洗い場とか、よく見ると壁にシロアリ這ってたし…
ただ非常に効く泉質のようで、しばらく浸かってると肌が真っ赤になった
湯治には最適な所ではないだろうか

tw26.jpg
台湾にもオープンした日本の老舗旅館「加賀屋」
一泊5万円以上だそうで…

すっかり夜になったので、台北中心に戻る
ホテル前に、中山で降りて晩メシ等を(さらに続く)
[ 2013/01/21 23:56 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

台湾旅行記・その3(西門町) 

旅行記再開いたします

11/25(日)ニ日目

tw09.jpg
ホテル(正確にはユースホステルのある雑居ビル)の廊下にて
昔トリビアでも紹介されてた「必死に逃げる非常口」

この日は、市内を走る鉄道「MRT」に乗り込み
台北の原宿と呼ばれてるらしい西門町に行く
tw10.jpg

到着時は朝10時だったが、賑わうのは午後かららしく大半の店は空いてない中
営業してるメシ屋があった
メニューに英語と日本語表記もあってありがたいんだけど
tw11.jpg
謎の日本語「に代表される麺」
気になったので頼んだ
tw12.jpg
ピリ辛タレを絡める具なし麺
でも約100円は安い

ゲーセンもあったので入ってみた
tw15.jpg
ユビート・リフレク・DIVA等日本の音ゲーはこちらでも人気のようだが
その横にあった、日本では見ない台湾産音ゲー「Muzi Box]
tw16.jpg
下のは、10個の細長いボタン兼譜面
横10列バージョンのユビートって感じでしょうか

tw13.jpg
そして、アニメ・ゲーム・フィギュア・ミリタリー等の店が立ち並ぶ
西門町のオタクビルと呼ばれるらしい「萬年商業大樓」へ
地下は食堂街なので、定食屋で昼メシ
「咖喱(カリー)排骨飯」というのがあったので注文
カレー味の揚げた豚が出てくるかと思いきや

tw14.jpg
揚げた豚

カレーライス

これはあまりに予想外…
うまかったけど

ここの5階にもゲーセンがあって
丁度ビーマニの大会の地区予選(台湾代表?)とかやってた
大半は日本のゲーセンと変わらないんだけど、
台湾ではバスケゲームが大人気らしい
tw17.jpg
壁一列全部バスケゲーム

tw18.jpg
あと超懐かしいゲームも発見
ダンエボとか出てる今、やってる人はいるんだろうか?


そしてまたMRTに乗り込み、次は温泉地をめざす
(つづく)
[ 2013/01/17 03:41 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

台湾旅行記・その2(士林) 

一日目つづき

空港に着き、現地の両替で日本円から元(NT$とも)に替える
35000円が12500元ほどになりました
以後、元での値段表記は「1元=約3円」と考えてください

とりあえず路線バスに乗り、約1時間で台北中心部に移動
料金は100元(約300円)ほど
そして台北中央駅近くのユースホステルにチェックイン
ここは、ひとつの部屋に別の旅行者同士で泊まるいわゆるドミトリーで
就寝は二段ベッド、バス・トイレ共同という「とりあえず寝れりゃOK」な所だけど
その分値段は安く、一泊600元ほど

重い荷物をロッカーにぶち込み、散策にいざ出発
台湾といえば、屋台!夜市!ということで
一番大きな夜市街・士林(シーリン)に行く

tw01.jpg
士林の街並み

駅から少し歩くと見えてくる屋台の数々
美味そうな料理に得体の知れない料理までいろいろある中
この店がふと目に留まる

tw02.jpg

臭豆腐
一言でいえば、臭い豆腐です
店の前通っただけでもすごい匂いが漂ってきます
でも食べてみたらすごく美味いかもしれない…と興味が湧き店にイン

ベーシックな「麻辣臭豆腐」を注文してテーブルに座るものの
店内は特に匂いが篭っているため、マジで臭い
しかし昼前から何も食べてないので、腹を空かせつつ待っていると

tw03.jpg

きました麻辣臭豆腐(70元)
口に含んだ瞬間の匂いがマジやばい、んだけど
豆腐を噛むほどに深い味わいがあって悪くない
しかし、やはり口に運ぶ度に強烈な匂いが鼻を抜けていくので
匂いに敏感な俺にはつらかった…完食はしたけど
次の機会があれば、油で揚げるタイプの臭豆腐も試してみたい

tw04.jpg

そして、1個20元のニラ饅頭や
カットフルーツ盛り合わせ等をつまみつつ(写真は割愛)、夜市を散策
土曜の夜だけにすごい人波

tw05.jpg

一角にお寺を発見
台湾の寺はとてもカラフル

tw06.jpg

中はこんな感じ

tw07.jpg

いっぱい文字の刻まれた、かっこいい香炉

tw08.jpg

寺の前の屋台で、麺線(とろみスープのそうめん的なもの)を買ってシメ
レンゲは、軽いプラスチック製の使い捨てタイプ


他にも色々食べたかったけど、腹も限界なので撤収
こういう時は、何人かで行くと色んなものを分け合って食べれるんだろうけどね…
ホテルに戻り、泥のように眠って一日目終了 (つづく)
[ 2012/12/08 00:08 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

台湾旅行記・その1(出発) 

11/24(土) 一日目

10時過ぎに関西国際空港到着
それにしても、関空は本当に遠いし電車賃かかる…

今回の旅はコース旅行でなく、移動や宿泊等全部一人で手配する個人旅行
ということで、話題のLCC・ジェットスター航空を利用
なお航空券の値段が6千とか7千円と書かれてる場合でも
海外旅行の場合は税金だのなんだのが上乗せされて、実質倍額ぐらいとなります
あと機内食はなく、重いトランクやキャリー持込みの場合も2千円ほど要別料金
それでも、往復で約29000円という破格で台湾に行ける!安い!

空港ではチェックインを済ませる他
海外向けWi-Fiレンタル「グローバルWiFi」を手配
一日670円でどこでも繋ぎ放題なんだけど
バッテリーの消費が結構激しいので、エネループ等充電手段の確保は必須
盗難・紛失保険や手数料等合わせて、5日間レンタルで計6000円ほど
それでも携帯キャリアの海外ローミングに比べたら非常にお得

いよいよ機内に乗り込み離陸だけど
安いだけあってシートは非常にシンプル
乗り心地でいえば、東京~大阪間5000円台の夜行バスと同程度
でもフライト時間は3時間そこらなので十分許容範囲


そして現地時間14時前(時差は日本の-1h)、桃園国際空港に到着

tw00.jpg

もうそこは漢字と英語しかない台湾
なんだけど、既に長くなったので以後次回
[ 2012/12/05 00:47 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

まさ

Author:まさ
たぶん村人
いろいろやってます

FC2カウンター
お知らせ
ふたば★学園祭11」に参加します
新刊製作中
web拍手



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。